千葉県 Go Toイート 発行済み食事券の利用 来週から再開へ | 新型コロナ 経済影響


千葉県は、新型コロナウイルスの感染拡大で10か月にわたって利用を停止している「Go Toイート」のプレミアム付き食事券について、発行済みのものにかぎり、来週から利用を再開することを決めました。

これは14日、千葉県の熊谷知事が会見で明らかにしました。

外食需要を喚起する「Go Toイート」のプレミアム付き食事券について、千葉県は、感染拡大を受けて、去年12月から利用を停止しています。

熊谷知事は「感染状況が落ち着いていて、県内経済回復を後押ししたい」と述べ、首都圏の1都3県では初めて、発行済みの食事券とポイントにかぎり、来週月曜日の18日から利用を再開すると発表しました。

そのうえで「一気にアクセルをふかすのではなく、段階的に緩和して需要を分散させていかなくてはならない」と述べ、新たな食事券の販売については、今後の感染状況を見極めて検討していく考えを示しました。

併せて、県が独自に行っている宿泊優待キャンペーンについても、発行済みの優待券を、県民が1人もしくは家族などと旅行する場合にかぎり、利用を再開するということです。

いずれも利用期限は12月15日です。

また、今月24日が期限となっている飲食店への営業時間などの制限についても「さらなる緩和は可能だと思っている」と述べ、今後の感染状況を見極めて、緩和の内容を判断していく考えを示しました。



Source link

article_incontent_1

Leave a Reply

Close Menu