衆議院が解散 今月19日公示 31日投開票へ 事実上の選挙戦に | 2021衆院選


衆議院は、午後1時すぎに開かれた本会議で大島衆議院議長が解散詔書を読み上げ、解散されました。
各党は、今月19日公示、31日投開票の衆議院選挙に向けて、事実上の選挙戦に入ります。

第205臨時国会は会期末の14日、参議院本会議で閉会に向けた手続きがとられました。

そして、午後1時すぎに開かれた衆議院本会議で、松野官房長官から、紫のふくさに包まれた解散詔書が大島衆議院議長に伝達されました。

続いて大島議長が「日本国憲法第7条により衆議院を解散する」と解散詔書を読み上げ、衆議院は解散されました。

今月4日に岸田総理大臣が就任してから10日後の解散となり、総理大臣の就任から解散までの期間は、戦後最も短くなります。

衆議院の解散を受けて、政府は改めて臨時閣議を開き、今月19日公示、31日投開票という衆議院選挙の日程を決める方針です。

衆議院選挙が行われるのは、4年前の平成29年10月以来で、各党は、新型コロナウイルス対策や経済政策などをめぐって、事実上の選挙戦に入ります。

解散時の衆議院の勢力

解散時の衆議院の勢力は、定数465のうち

▽自民党が276議席

▽立憲民主党が110議席

▽公明党が29議席

▽共産党が12議席

▽日本維新の会が10議席

▽国民民主党が8議席

▽れいわ新選組

▽社民党 
▽「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」
▽希望の党がそれぞれ1議席。

▽無所属が12議席。

欠員が4議席となっています。




Source link

article_incontent_1

Leave a Reply

Close Menu